CCNA試験過去問題

IPv6の利用によりNATが必要ではなくなるのはなぜか、次の選択肢の中から1つ選びなさい。

  1. IPv6では、すべてのユーザーにグローバルアドレスを提供することができるから 

  2. NATがIPv6では使用できないから 

  3. IPv6アドレスはプライベートアドレス空間を持たないから 

  4. 16進数のアドレスは翻訳できないから 


『ネットワークを基礎から勉強しなおしたい方へ』

初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される無料講座です。
1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題
 という構成です。

1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも
 理解しやすい文章で丁寧に解説されています。

2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際
 の資格試験の問題と分かりやすい解説が記されています。

 無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
 勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、
 勉強できる環境を作ってしまうのが重要です

       (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座


・Oracle Master受験チケット…定価22,260円⇒14,648円(限定数のみ)
・Java、Oracle Solaris、NetBeans受験チケット…定価34,230円⇒31,492円

・MySQL試験用受験チケット…定価22,260円⇒20,924円
・オラクルオンライン試験用受験チケット…定価14,280円⇒12,752円

・チケットは電子チケット(バウチャー)ですので、全品送料無料
・メール送信による納品につき、最短ならご入金当日の納品も可能

・領収書発送は無料サービス(メール便)ご指定の宛名で発行OK
・オラクル社の正規販売代理店、システム会社が運営する安心SHOP

  ベンダー試験 格安受験チケット
					
1. 正解です!  

【解説】
IPv4ではアドレスの枯渇の問題を解消するために、NATやプライベートアドレスの
利用が行われていましたが、そのことによってエンドツーエンドのでの接続性が
失われていました。

それに対してIPv4より遥かに大きなアドレス空間を持つIPv6の利用により、
コンピュータ、IP Phone、カメラ、PDA、携帯電話、車両などのあらゆる種類の
デバイスに対してグローバルで到達可能なアドレスを使用できることになります。

IPv6ではNATが必要ではなくなりますが、IPv6アドレスをIPv4アドレスに変換する
NAT(NAT-PTといいます)が可能です。 
試験に出るIT用語に不安はありませんか? ⇒ 『IT用語、情報処理技術者試験用語』


posted by CCNA試験過去問題  CCNA研究会 | 過去問題解説
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。